沖縄旅2018夏 -美味しい沖縄そばを求めて首里の高台にある古民家そば屋「しむじょう」へ

 

沖縄といえば名物の沖縄そばですが、せっかくなら雰囲気あるお店で食したいですね。
というわけで、今回は那覇市は首里にある「しむじょう」をご紹介します。

ところで、「しむじょう」は文化財に指定されるほど貴重な建物の中にあります。
築150年と言われる建物は、立派な石垣と鬱蒼と茂った木々に囲まれていました。

外からはほとんど中の様子がわかりませんが、石垣を越えると見事な古民家が出現します。
昭和29年(1954年)に建物だけ立て直していて、「しむじょう」が開業したのは2005年のことだそうです。

内装も期待を裏切らない作りで、開放感バッチリです。
週末は駐車待ちの車が出るほどの混みようで、閉店時間の15:00前に終わってしまうこともあります。

こちら、お店オススメのセットメニュー(950円)です。
三枚肉そばに日替わり小鉢2品、手作りジーマーミー豆腐が付きます。

地元の豚とかつお節を煮出した出汁をブレンドし、細麺が特徴的な亀濱製麺を使用しています。
三枚肉の味付けが甘すぎず、少し硬めの麺、透きとおった出汁と組み合わさって美味でした。これまで沖縄で食べた中で一番です。

庭には見晴らしの良い屋根付きテラス席があります。
お店の方に一声かければ、外での食事も可能です。

世界遺産の首里城公園から車で約10分くらいの場所です。
道に迷う人が多いそうですが、近くまで行けば看板が出てるので辿り着くのはそう難しくありません。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP