7/20新登場!ハクバのハイエンド・カメラバッグ「GW-PRO RED スリングショルダー」をさっそくレビュー

 

ハクバ産業のハイエンド・カメラバッグシリーズに新作が登場しました。
「GW-PRO RED」からスリングショルダーバッグのリリースです。

私がカメラバッグに一番求めていること。それは、機動性です。
「撮りたい!」と思った時にすぐ取り出せる俊敏さは、ショルダーバッグが一番優れていると考えています。

そんな中、7月20日にHAKUBAから新作のショルダーバッグGW-PRO REDスリングショルダーが発売されると聞き、さっそく購入しました。
表側には例の通り、シックなアーミー柄がデザインされています。また、ファスナー収納が2ケ所あります。

裏面はこのようになっています。ポケットが3ケ所あります。
頻繁に出し入れしたいレンズカバーを入れるのにちょうど良さそうです。スマホサイズでもあります。

GW-PRO REDスリングショルダー内部にはクッションケースが入っていて、マジックテープで脱着可能です。
印象としては、クッションケースがバッグよりやや小さめですね。ケースを入れると結構な空洞が発生し、それがデッドスペースになってしまう。なんともがっかりな作りです。

表側の内ポケットは、メッシュで2ケ所あります。
試しにキヤノンのバッテリーチャージャー(LC-E6)を入れてみましたが、この通り余裕の広さです。

GW-PRO REDスリングショルダー反対側には、iPad収納があります。
専用ポケットなので、ピッタリ収まりました。

それでは、実際に収納してみましょう。
キヤノンの5Dと仕切りを挟んで、ソニーのハンディカムを入れました。結構ギリですね。。。
カメラと交換レンズを入れる人が多いかと思いますが、それにしてもややギュウギュウになると思います。

GW-PRO REDスリングショルダーの両脇にあるファスナーを開くと、容量が広く使えます。
色々詰め込みたい時は、あらかじめ広げておきましょう。

ちなみに、もう片側にはドリンクホルダーが付いています。
これはマジで助かる機能です。購買動機の一つになったと言ったら、過言かもしれませんが。。。

撮影道具一式を詰め込んだところです。
カメラ、ビデオカメラ、iPad、あと空いた隙間に交換用の単焦点レンズも入りました。

しかし、ここで大問題発生!!チャックが閉まらないのです。
なんとか力まかせに閉めることはできますが、(さっきのクッションケースの問題と合わせて)これは大きな欠陥ですね。
他のポケットに厚みのあるものを入れたら、間違いなくチャックは閉まらないでしょう。
iPadは外の撮影にさほど重要ではないので、それを犠牲にすると少し閉まりやすくなりました。

GW-PRO REDスリングショルダーのもう一つの機能として、カメラ三脚の外付けがあります。
あまりスマートには見えませんが、両手が自由に使えるようになるので便利です。

以上がファーストタッチの初見です。
ちょっと使い込むにはやや不安が残りますが、俊敏性を求めるには好アイテムかもしれません。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP