三浦半島ベスト3に入ると言われるシュノーケリングスポット、浜諸磯(はまもろいそ)で潜ってみた

 

三浦半島の先端に浜諸磯(はまもろいそ)というシュノーケリング・スポットがあります。
相模湾に面した側、油壺と城ケ島の間くらいです。

いつもは葉山にある芝崎海岸に通っているのですが、浜諸磯が穴場だと聞きつけてやって参りました。
当日はお盆休みと重なったせいもあってか、BBQを楽しむお客さんなどで思いのほか賑わっていました。

先に、場所を確認しておきましょう。穴場と言われるれるだけあって、交通の便は悪いです。
最寄りの京急三崎口駅から約6.6kmあります。バスが通っていますが、1時間に2本程度。
足がない場合は、タクシーの方が便利です。およそ20分乗って2,200円くらいだと思います。

そんな辺鄙な場所なので、車で来る人が圧倒的に多いです。浜への出入り口前に駐車場がありました。
「三浦市立諸磯青少年センター」の敷地を1日1,000円で駐められます。千葉や名古屋など、色んな地名のナンバーがいました。

先にお伝えしますが、歩いて行ける場所にコンビニや売店などはありません。
かろうじて公衆トイレがあるだけです。これだけでも十分ありがたいですが。。。

ただし、近くに「でぐち荘」という民宿があります。
マグロ料理を出してくれるようで、駐車場の貸し出しもやっていました。

というわけで、磯の方まで出て来ました。この時は潮が引いている状態です。
駐車場が埋まっている割りには、海には人が少ないなという印象。BBQ客と釣り人の方が多いのかも。

引き潮中は、磯の所々にこのようなタイド・プールができています。
一見、何もいないように見えますが。。。

よーく見ると、ハゼがたくさんいました。カニヤドカリなんかもいましたよ。
磯遊びだけでも結構楽しめそうですね。

いよいよ潜ってみると、さっそく浅瀬にキヌバリを発見!
変わったベラタカノハダイカワハギメジナメジロハコフグクロダイなどたくさんの種類の魚たちがいました。

浅瀬を過ぎると魚たちが一気に減りました。
岸から70mくらい離れた沖の方に岩場が見えたので、向かってみると。。。

ここまで来ると、各種スズメダイ、オヤビッチャが多く見られました。
ツノダシもいましたよ。

波が高くなって来たので、浅瀬へ再び移動しました。
カゴカキダイの群れが餌にひかれて寄って来ました。岩場の根元には大きなカニもいました。

当日の様子はこちらの動画をご覧下さい。
最後、カニをおびき寄せている最中に、岩場の陰から巨大ウツボが現れた時には驚きました。
当日は午後から高波となったせいで、透明度がやや低かったように思いました。
でも、三浦でベスト3と言われる所以には納得した次第です。


※今回の写真・動画はこちらの機材で撮影しました。

関連記事:
【2018年】葉山の「芝崎海岸」は関東で指折りのシュノーケリング・スポットなり(姉妹ブログ「逗子ぐらし」)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP