上級者向きのシュノーケリング・スポットと言われる、真鶴の琴ヶ浜で潜ってみた

 

今回、シュノーケリング目的で訪れたのは、神奈川県の真鶴半島にある琴ヶ浜です。
関東地方に住む者にとっては、伊豆より近場になるので行きやすいです。

当日は関東地方で南風が強く吹いていましたが、琴ヶ浜は極めて穏やかでした。
真鶴半島は相模湾へ南東へ飛び出しており、琴ヶ浜はその北側に位置しています。そのため、南風の影響を受けにくいのでしょう。

地図を見れば一目瞭然ですね。
琴ヶ浜はダイビング・スポットでもあり、ダイビングセンターのブログには波の状態が毎朝アップされています。

こちらは、琴ヶ浜前にある琴ヶ浜駐車場です。
トイレも完備されていて、さらには駐車料金がかからないのが嬉しいポイントです。

とはいえ、駐車台数は限られています。ハイシーズンは満車になる事がほとんどです。
そんな時は、付近の料理屋さんの駐車場を借りられます。当日は、1日1,000円でした。

さて、肝心の海の中ですが、浅瀬の岩場に魚が多かったです。種類も豊富です。
この写真にはアオスズメダイニザダイアイゴチョウチョウウオが写っています。相模湾で見られる魚はたいてい発見できました。

ウツボゴンズイの群れ、アオリイカイシダイカゴカキダイツノダシとも出会いました。
相模湾で良く見かけるオヤビッチャは見ませんでしたね。

こちらが当日の様子です。11:30〜13:00頃の映像となります。
浅瀬の岩場にしか魚はおらず、沖に行くほど深さが増して視界が悪くなるだけでした。

ここ真鶴の海は相模トラフの影響で熱帯生物が多く集まるそうですが、他の海岸と比べて琴ヶ浜は水深が深いエリアが多かったです。
上級者が好んで訪れるというのも頷けます。でも、浅瀬であれば初心者でも十分楽しめると思いました。

岩場には、磯遊びをする子供達や釣り人もいます。BBQを楽しむ人たちもいて、さほど混み合わないのでなかなか良い場所です。
何度か訪れる価値はあると思います。


※こちらの機材で撮影しました。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP