奄美大島旅2019春 -宇検村にある筏釣り「つりイカダ宇検」でムロアジ爆釣?!

2019年春に訪れた奄美大島。

昨年に引き続き、今回も運悪く梅雨入りと重なる訪問となってしまいました。

鹿児島県大島郡宇検村宇検544-5

企図していたボート釣りが厳しそうで、何とか釣りができないかと調べていると。

宇検村に筏釣り場があることが判明。しかも、ボートと比べるとリーズナブルです。

釣りモノ、料金

当日の予約にもかかわらず、希望したB地点に行くことができました。

なお、こちとら完全手ぶらです。タオルしか持っていない状況。

着くなり、さっそく乗船

それでもOK。タックル丸々レンタルできます。仕掛けもエサも準備しててくれました。

予備で渡された仕掛け類は、後で返却すればお金を返してくれます。

海上に浮かび並ぶイカダ

B地点へは渡し船で10分程度。

思ったより広く、屋根付きでトイレもあります。

筏からの眺め

釣り方を教えてくれるので、初心者でも問題なし。

今回はサビキによるムロアジ狙いがメインとなります。

仕掛けとエサも準備してくれる

カンパチ、キジハタが目当てでB地点を希望したのですが。

今の時期は釣れないのかな。大物仕掛けは、自分で用意して来た方がいいのかも。

めっちゃ釣れる

深さはせいぜい30mくらいでしょうか。レンタルリール50回転くらいでした。

開始まもなく、さっそくムロアジを2連掛けしてご満悦。

大物が来た予感

襲い来るアメニモマケズ、呑気にお昼ご飯を食べていると。

竿が大きく曲がりました。この瞬間がたまらない。

40cmくらいのムロアジ

しかし、釣っても持ち帰れないのが、観光客としての辛いところ。

2時間ちょっとで15匹くらい釣れたけど、半分くらいはリリースしました。

ムロアジを食らうアカウミガメ

クーラーに取っておいたアジは、生け簀で飼育されているウミガメのエサとなりました。

残りは釣り場のご主人が引き取ってくれました。

今思えば、干物にすれば持ち帰れたかもと少し後悔しています。

手ぶらでOKといえども、針を外すプライヤーとハサミくらいは持参すべきです。

サビキ仕掛けが絡まって、大きく時間をロスしてしまいました。

言えば貸してくれたと思いますが、時すでに遅し。。。

釣りイカダ宇検ウェブサイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP