台湾旅2016春 -パスポートなしでも航空券予約ができる

 

今回の台湾旅行は当初3月で計画していました。
3月といえば春休みです。学生の卒業旅行など、込み合う理由が沢山あります。
にもかかわらず、どうして3月を狙ったのか?

答えは簡単。パスポートの有効期限が切れるからです。
ご覧の通り、私のパスポートは今年の7月5日で期限が切れます。
外国に入国する際、パスポートの残存有効期間が必要になりますが、国によってまちまちです。

半年必要な国もありますが、台湾の場合は3ヵ月残っていれば大丈夫です。
したがって、私が現在のパスポートで台湾へ旅行するために、できれば3月中が好ましかったのです。「台湾旅行で現在のパスポートを使い切って有終の美としよう」
ところが、その思いは叶いませんでした(前回のブログ)。

それで計画を4月に変更し、強引に航空券だけ購入してしまいました。
しかし、それだと4月5日を過ぎた時点で、パスポートの残存期間は切れてしまいます。
結局、現在のパスポートの使用はあきらめて、更新手続きをすることにしました。

ところで、サプライスで航空券の購入手続きを進めている最中、このような注意喚起がありました。
「全員分の正確なパスポート番号とパスポート発行日および失効日が必要です。予約後24時間以内にマイページから必ずご入力下さい。」24時間以内にパスポートを更新できるわけもないのに、航空券の購入を強行したのには理由がありました。

それは、下記の記事を見つけたからです。

「タイガーエア台湾、パスポートなしでも予約できると判明」

今回利用するのはLCCのタイガーエアですが、わざわざタイガーエアを選んだのにはこうした理由があったのです。
2016年9月発信の同記事によれば、一旦ダミーのパスポート番号を入力しておき、パスポートを取得した後、タイガーエアの窓口にパスポートナンバーの変更を依頼する方法があるとのこと。
他でも調べましたが、名前さえ間違っていなければ、他の情報は後からでも変更可能とのことでした。

とはいえ、心配だったので購入後にサプライスへ問い合わせをしました。
電話だと込み合っていて全く通じないうえ、待ち時間もナビダイヤルの通話料金がかかります(その上、オペレーターと話せるのは受付番号を与えられた購入者だけのようでした)。
そこで、マイページのメッセージ機能を利用しました。
すると、3時間半後に返事が来ました。

「現状は未登録で問題ございません」とのことですが、申請中パスポートの受領予定日を聞かれました。
先ほどパスポートを「申請中」と書きましたが、実はまだ申請すらしていませんでした。
なので、正直に実情を報告したところ、3時間後に再度返答をもらいました。

つまり、サプライスのサポート窓口によると、パスポートナンバーはまだ入力しなくても問題ないとのことでした。ダミー番号も必要ありません。

パスポートの取得後にマイページへ登録すれば問題ないそうです。ひょっとしてパスポートを取得しない限り航空券予約をできないのではないかと一時は気を揉みましたが、その心配は無用でした。
皆さんの情報を信じて購入して正解でした。

さらに後日、サプライスからメールで確約をもらいました。
パスポートの番号と有効期限の入力は「出発の2日前まで」で大丈夫でした。

というわけで、航空券の問題は解決しました。あとは宿泊先です。
そして、台湾旅行へ向けて早めにパスポートの更新を済ませようと思います。

※今回の件はあくまでパスポート番号とその有効期限であって、名前の表記などは別です。
ご注意ください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP