GoProみたいな話題のアクションカメラ、MUSON(ムソン)のMC2を買ってみた

 

沖縄の離島、座間味島へ行くことになり、アクションカメラでまた悩みました。
GoProは高いし、本体以外のアタッチメントを買い揃えたら、さらにお金がかかります。

これまでは、シュノーケリング用にiPhone用の防水ケースを使用していました。5,000円くらいで手に入ります。

使用レポートは当ブログでも紹介した通りです。(iPhoneでGoProいらずの動画を撮る

しかし、次第に不満が出てきました。
最初はコスパの良さに感動していたのですが、使っているうちに問題が判明したのです。

それは、水中での操作ができないというものです。
最初はできたのですが、使っているうちに表面のプラスチックが微妙に反り膨らんできました。
水中でいくらタッチしても反応がないので、一旦海面に出て録画ボタンを押して、再度海に潜るといった動作を繰り返すしかありません。
これでは呼吸も乱れますし、肝心のシュノーケリングが楽しめません。

そこで、もしアクションカメラを買うのならと、以前から目をつけているソニーのアクションカム(HDR-AS300)を久しぶりにチェックしてみました。すると、4万円を悠に切っていました。
GoProにはないソニーの光学手ぶれ補正はかなり魅力的です。
それで、心が揺れ始めてきたのでした。

そんな時知ったのが、こちらのムソン(MUSON)というアクションカメラです。
見た目はGoProそっくりです。



ムソン
なんて聞いたこともないメーカーですが、アマゾンではベストセラー商品です。
レビューが300件を超えているのにもかかわらず、評価が4.5とはスゴイ!!
しかも、価格は8,480円(当時の価格)でした。
さらにうれしいのは、豊富なアタッチメントが最初から付属していることです。

というわけで、ムソンMC2(ブラック)を購入しました。
外箱を開けると、ハードケースが出てきました。これは便利です。

ケースを開けると、溢れんばかりのアタッチメントに驚きます。こちらは厳選後の画像です。
中でもありがたいのは、
・控え用のバッテリーパック
・防水リモコン

が入っている点です。

残念なのは、
・マイクロ SDカードが入っていない
ところです。これでは、すぐに撮影できません。しかし、さすがにここまで求めるのは図々しいでしょう。

と思っていたら、アマゾンにレビューを投稿すれば、16GBのマイクロ SDカードをプレゼントしてくれます!
こちらは、後日届いたSDカード(東芝の16GB)です。本当にもらえました。なんと太っ腹なムソンさん。

で、こちらが肝心の本体です。
見た目はなんらGoProと変わりません。カッコイイです。

裏面はこんな感じです。
GoPro同様、モニタリングしながら撮影できます。170度の超広角レンズです。

Wi-Fi機能があるので、iPhoneをモニター代わりにすることもできますし、端末にデータを取り込んだり、共有することができます。
Ez iCamというアプリを使用します。

こちらがその起動画面です。
使い方は、触っているうちに分かってきます。

この通り、防水ケースも付いていて、3Mまでの防水リモコンもあります。
これで、水中での4K動画撮影が難なくできることになるでしょう。

気になったのは、説明書が簡潔過ぎる点ですかね。
不要な画像、動画の削除が本体からできないので焦りました。
再生モードで、アップ/ダウンボタンで削除したい画像または動画を選び、それでアップボタンを約2秒間長押しすると可能でした。
(※ムソンさんへ問い合わせると、すぐに回答がきました。)

ついでに、自撮り用の一脚を購入しておきました。
今や一流の三脚メーカーとなりつつあるベルボン(Velbon)とアウトドアブランドのコールマンのコラボ商品です。

アクションカメラだけでなく、コンデジやビデオカメラとも使用できます。
試しに一眼レフとも繋いでみましたが、ちょっと無理そうでした。

ともあれ、これで準備万端です。
帰ってきたら、使用感や実際の映像も合わせてレポートしたいと思います。
乞うご期待!!

沖縄でGoProみたいな話題のアクションカメラ、ムソン(MUSON)を試してみた

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP