式根島旅2017春 -竹芝から深夜発フェリー「さるびあ丸」で東京の離島へ向かう

 

「冒険しよう 東京の島。」
皆さんは、式根島という東京の離島をご存知でしょうか?
色々あって今回は、2泊3日の式根島旅と相成りました。

太平洋は伊豆諸島の中にあって、伊豆七島のひとつ。
伊豆と聞くと静岡県を想起しがちですが、これらの島々は東京都に属しています。

行き方は、港区にある竹芝桟橋からフェリーを利用します。
なるほど東京の離島だけあって、都心も都心の浜松町駅の北口から歩いて10分程度です。

案内に従って、竹芝客船ターミナル方面へ向かって下さい。
途中、大きな幹線道路を渡ります。

ひたすら真っ直ぐ進むと、見えてくる帆船のマスト(と言っても帆は張ってない)が目印です。
夜はきらびやかに電飾が光っているので、嫌でも分かります。すると、ターミナルはもうすぐです。

竹芝桟橋の正式名称は、竹芝客船ターミナルです。今回は突発的に決めた旅なので、深夜出発のフェリーを予約しました。
インターネットで購入すれば、早期割引などもあるので、東海汽船のWebサイトをチェックして下さい。

こちらがチケット売り場です。
夜遅くにもかかわらず、多くのお客さんで賑わっていました。

無事にチケットを手に入れました。2等席は大人片道5,820円
23:00出発で、式根島の到着は翌08:00です。約9時間の船旅となります。

こちらがお世話になるフェリー、さるびあ丸です。
全長120m、4,973トン。途中、新島なども経由します。

フェリーは定刻通りに出航。
デッキからは、東京タワーが見えました。

その後、お台場フジテレビを横目に見ながら、レインボーブリッヂをくぐります。
ここら辺は、ちょっとテンションが上がりました。

真夜中の工業地帯が放つオレンジ色の光が海面に反射し、上からは月明かりに照らされる。
夜の船旅もオツなもんですね。

東京湾を出たので、客室へ戻りました。こちらが2等の椅子席です。
今夜はここで休みます。目が覚めた頃には島へ到着していることでしょう。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP