式根島旅2017春 -秘湯、地鉈温泉&養殖場を見学

 

式根島の露天風呂めぐり。(前回のブログ)
松が下雅湯足付温泉ときて、まだ続きます。

その前に、湯加減の穴をご紹介しておきます。
道中の壁に突然、四角い穴が空いています。

この穴は地中で温泉の源泉とつながっており、手を入れるともわっと温かいです。
冬場は湯気が立ち上るほどだそうです。

最後に訪れた温泉は、こちら。秘湯と呼ばれる地鉈温泉です。
温泉へは、脇にある階段を下って行きます。

これがまた結構スゴい道のりでした。
断崖絶壁の合間を縫って進みます。

着きました。こちらが地鉈温泉です。
源泉の温度は80℃。見るからに熱そうです。

お湯は褐色に濁っていて、泉質は硫化鉄泉。
海水と混じった場所でないと、熱過ぎて入れませんでした。

今日も歩き疲れました。
こちらが今晩の宿飯です。タカベは焼き魚で、明日葉の和え物もありました。

明けて3日目の朝。早くも、最終日となりました。
船の時間まで、近くの養殖場を見学することにしました。

新島村養殖場では、シマアジ真鯛が養殖されていました。
販売もやっていて、高級魚がキロ単位で安く購入できます。

巨大水槽では大量の魚たちが泳いでいました。
シマアジと真鯛を同じ水槽で一緒に育てるのですね。

そんなこんなで、船の時間になってしまいました。
帰りはジェット船を利用します。大人1人で8,930円です。

行きのフェリーより約3,000円ほど割高ですが、3時間もかからずに竹芝へ到着します。
ただ、フェリーと比べると揺れがあります。特に離岸・接岸時はぐらんぐらんです。

というわけで、竹芝桟橋に着きました。式根島旅も終わりです。
美しい景色にグルメもあり、短期間の滞在でも島を満喫できました。次回は夏の時期に、マリン・アクティビティをしに訪れたいです。
他にも、魅力的な東京の離島は沢山あります。
訪れた際は、またリポートする予定です。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP