奥田政行シェフが山形庄内に開いたカフェ&ドルチェ「イルケッチャーノ」を訪れてみた

 

湯野浜温泉の帰りに、イルケッチャーノ」でランチを食べてきました。
奥田政行シェフが山形の鶴岡市に開いたことで知られる庄内レストランです。

こちらは隣接する「アルケッチャーノ」です。
本当はこちらでランチをしてみたかったのですが、予約が間に合わなかったので(予約制のない)イルケッチャーノにしたのです。

こちらがイルケッチャーノです。外装工事中でした。
厳密には「カフェ&ドルチェ」のお店となりますが、ランチでパスタを頂けます。

アルケッチャーノの予約を逃したので、イルケッチャーノは開店前から並ぶつもりで頑張りました。
しかし、11:00前に他のお客さんは全くおらず肩透かしでした。

蛇足ですが、入り口前に興味深い自販機を発見しました。どれも山形の特産品で作られたジュースです。
まさに「山形代表」という名にふさわしいラインナップです。

というわけで、先頭でイルケッチャーノに入店。
こちらが店内の様子です。

イートスペースの反対側には販売スペースが設けられていました。
買い物だけのお客さんも出入り可能なんですね。

ドルチェはこの中から選べます。
イルケッチャーノのランチは「前菜+パスタ」1,500円で、プラス200円でコーヒーかドルチェを選べます。
プラス350円だと、コーヒーとドルチェの両方が頂けます。
イルケッチャーノヘ来たからにはドルチェは必須でしょう。

こちら、前菜の一例です。
イチジクと生ハムと白いのは山羊のミルクとリコッタチーズで作った自家製クリーム。

私が頼んだのはカルパッチョでした。
魚はワラサで、とても食べやすかったです。

パスタは庄内豚のクリームソースを注文しました。
ひき肉がゴリゴリとした食感で、食べ応えがありました。あと、ほうれん草の味が濃く感じました。

こちらはジェノベーゼです。
白っぽいのはジャガイモです。珍しい組み合わせですね。

ドルチェにはチョコレートプリンを選びました。チョコレートの層が見えますでしょうか?
ブルーベリーも乗って、ナッツの食感と相まって美味しかったです。

ボリュームが結構あるので、前菜とパスタ、ドルチェでお腹いっぱいになりました。
これで1,700円ですから、なかなかリーズナブルと言えるのではないでしょうか?

次回は是非、アルケッチャーノにトライしたいです。

・アルケッチャーノHP
http://www.alchecciano.com/

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP