インド旅2016秋 -ビザをオンラインで取得する「eTV」にトライ

 

先日、インドビザの取得方法をめぐって色々書きました。
結論を言うと、1ヶ月以内の観光の場合、オンラインで取得するのが一番お得であることが分かりました。
そして、出発まで30日を切ったので、実際に手続きをしてみました。
というわけで、今回はe-TOURIST VISA(e-TV)の取得レポートです。
※2016年9月現在の情報です。

こちらがe-TVの申請サイトです。
手元に用意するものはパスポートだけでOKです。
もし、宿泊先が決まっているようでしたら、控えを出しておいて下さい。
通常のビザ申請だとeチケットの情報が必要ですが、e-TVの場合は不要です。
航空券を押さえてなくても取得できるので便利です。

トップページの左上「e-Tourist Visa Application」から申し込みを進めます。
eメールや到着予定日時など、必要情報を入力して下さい。
入力情報に誤りがあると、ビザが無効になる可能性があります。
時間をかけてでも確実に進めていきましょう。
※私の場合、後半の証明写真をアップロードするところで苦労しました。

グレーの服を着た画像だったのですが、何度やっても上手くいきません。
よくよく考えた末、背景が白色なので、グレーの服が同化してしまいセンサーにはじかれていると思い、濃い色の服で撮り直しました。
その結果、無事アップできました。撮影の参考にして下さい。

最終的にこのような画面になりました。申し込みはこれで終了です。
入力項目は多岐に渡ります。
信仰する宗教や両親の情報、親族にパキスタン国籍の者はいないかなど、非常に細かいです。
英語をある程度理解していないと、時間がかかります。
一時IDが発行されているので、途中でログアウトして後から再開することもできます。
わかりやすく解説したブログを紹介しますので、初めての方は「インド号」さんを参照して手続きを進めてみて下さい(「インドビザを取得しよう2016」)。

続いて、支払いです。
クレジットカード払いは別サイトへ誘導されます。

発行手数料25ドルに「カード支払い手数料と諸税」が追加されました。
なんやかんやで、総額25.62ドルかかりました。
まあでも、通常ビザや業者に依頼するよりかははるかに安いです。

申し込み後間も無く、登録メールアドレスにメールが届きました。
申し込みの受領確認をする内容です。
で、もうしばらくすると、支払いを促すメールが届きますが、すでに済んでいる場合は無視して大丈夫です。

翌日、このようなメールが届きました。
ビザ申請が承認された内容です。
「Application Status」が「Granted」であれば、OKです。
これで、e-TVの一連の手続きが終了しました。

あとはこのメールを印刷して入国の際に提示すれば良いようです。
これで、旅のベースが整いました。
これからじっくりと行程を練っていこうと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP