南伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリングしてきた 2016

 

南伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリングをしてきました。
2週間前にも行ったのですが、下調べ不足で浜に入れずじまいだったのです。
その日は代わりに谷川浜で遊んだのですが、 やはりヒリゾ浜への思いがやまず、最終日の25日に弾丸で行ってきました。

9月の上旬以降、曇りと雨が続く中で天気だけが心配でした。
そんな中、当日は晴れの予報が!
道中、何度か雨にやられましたが、南伊豆に近づくに連れだんだんと晴れ間がのぞいてきました。

見て下さい、この景色!絶好のシュノーケリング日和です。
観光協会のウェブサイトで渡し舟が運行していること、海の状態が良いことを知り、テンションが上がってきました。

駐車場が開く08:00には中木海岸付近に到着しました。
前回はこの交差点で入場規制がかかっていましたが、今回は大丈夫です。

交差点を左に折れて間もなく、係員に誘導されました。
聞けば、駐車場はもう直ぐ満車になるとのこと。

それでも、港から一番遠い「第5駐車場」に車を留めることができました(1日1,000円)。
いやあ、危なかったです。

遠いと言っても、10分とかからず港に到着。
これなら全然OKです。

付近にはレンタルショップを兼ねた売店が数件あります。
ヒリゾ浜には施設が何もないので、飲み物を購入しておきました。

こちらが受付です。
大人は1人1,500円子供500円で、営業は08:30〜16:30です。
トイレが隣接していて(港に2カ所)、小さい簡易更衣室もありました。
ちなみに、浜にトイレはありません。港で済ませておきましょう。

船乗り場は目と鼻の先です。
ひっきりなしに船が往来しているので、待ち時間はほとんどありません。

人数が揃い次第、すぐに出航です。
穏やかな海の上を高速で突っ走ります。

ヒリゾ浜へは5分もしないで到着しました。
船が着くのは岩場ですが、谷川浜よりも通路が舗装されていて歩きやすいです。

浜に着いてビックリ! イモ洗い状態ってやつですね。
私たちが来る前にこれだけの人たちが陣営を張っていたのです。
そりゃあ駐車場が早く埋まるわけです。

当日の映像はこちらです。
よろしかったらご覧下さい。

シュノーケリングの様子はこちらです。
海面の下に広がる別世界に魅了されました。
カゴカキダイニシキベラソラスズメたちの色鮮やかなこと!
他にウツボも見つけました。最後のボラの御一行は間近で見ると、圧倒されます。

前回、谷川浜で結構楽しんだつもりだったのですが、ヒリゾ浜は別格です。
透明度も魚の種類、数も圧倒的に谷川浜をしのいでいました。
谷川浜への渡し舟のサービスがやたら充実していた理由がこれで分かった気がします。
にしても、私なら頑張って早起きしても質の良いヒリゾを選ぶでしょう。

ただ、言っても当日は9月下旬。
晴れていても海水は冷たかったです。
ラッシュガードだけでは寒くて耐えられず、途中でウエットに着替えざるを得ませんでした。

あとはクラゲですね。聞いた話だと、大物もいたそうです。
それと肌の弱い私は、チンクイムシ?にやられました。
一日たつと肌が露出していた部分に痒みと発疹ができていました。
これはもう、どうしようもないです。

最後に、御飯どころの情報を一つ。
今回訪ねたのは、港の端っこにある「いずねこ食堂」です。
カレーが食べたかったので、このお店に決めました。室内にも席はあります。

私が頼んだのはグリーンカレー大盛り(800円)です。
塩気がしっかりきいていて、泳ぎ疲れた身体に染み渡ります。
大根のサラダと両方とも辛味が立っていて、私の好みでした。

身体が温まった所で、シュノーケル2回戦も楽しみました。
お陰様で、夏の終わりまで悔いなく遊び倒すことができて大満足です。
来年も必ず来ます。
ヒリゾ浜万歳!!

南伊豆町観光協会HP

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP