インド旅2016秋 -IRCTCからようやくメールが来てインド鉄道のネット予約がやっとできた!

 

インドの鉄道をネットで事前予約することは容易ではありません。
cleartrip(検索サイト)とIRCTC(インド国鉄)でアカウントを取得し、両者をリンクさせないと利用できないのです。
とりわけ、IRCTCのアカウントをアクティベートするにはインドからのパスワード支給を待たねばならず、多くの人が失敗しています。
私もその中の一人でした。(前々回のブログ)

そして、やむなく長距離バスのネット予約へ方針転換することにしました。
しかしながら、またもやアクシデント発生。
redBus(検索サイト)でカード決済が出来ず、予約を断念。(前回のブログ)
結局、現地の代理店へ予約を依頼することにしました。
ちなみに今回取りたいのは、チェンナイ〜コチの便です。

最初に問い合わせたのは、インド旅行の老舗「シゲタトラベル」です。
まずは鉄道の予約ができるか日本語メールで聞いてみたところ、数時間後に返信が。

内容は、
・ディワリ前なので席の確保が難しく、RACの席しか取ることができない。
・手数料は一人当たり300ルピー

2等席(1,597ルピー)の2名分なので、3,794ルピーという見積もりでした。

RACとは、列車には乗車できるが席が確保されないチケットです。
席もないのに12時間も夜行列車にいられないので、バスの手配を頼みました。

すると、間もなく返信が来ました。
・デリー発着以外のバスの手配は取り扱っていない。
・客(私)の代わりにネットで手配することはできるが、その後の世話は一切しないし責任も取らない。返金もしない。
・手数料は一人当たり300ルピー

エアコン付きのキレイな寝台バスの2名分で、4,362ルピーという見積もりでした。
支払いは日本の口座への振込みで、7,270円です。

次に『地球の歩きかた』に載っていた「マサラツアーズ」です。
日本人が運営している旅行代理店です。
シゲタと同じように、日本語メールで問い合わせたところ、鉄道は満席のため手配不可能とのこと。
そこで、長距離バスの見積もりを頼みました。

返答は数時間後に来ました。
・一人US50ドル(諸税、手数料込み)
・決済はクレジット可能で、返金は受け付けない
クレジット決済が可能なのは有り難いですが、あまりにも強気な価格設定に驚きました。
2名分の申し込みだと10,400円になります。
いずれも入金確認後の手配でした。

【見積もり結果】
シゲタトラベル7,270円 + 振込み手数料
マサラツアーズ
10,400円

考えるまでもなく、シゲタトラベルに軍配が上がりました。
通常料金に一人300ルピーを加えただけの見積もりだったので、割りと良心的だと思いました。


ところがです!

少し割高になってしまうけど、安心料ってことで自分を納得させつつシゲタに支払いを済ませようとしていたところ。。。
IRCTC(インド国鉄)からメールが届いたのです。
「あなたのユーザーIDが完全に認証されました」とのこと。
ついにIRCTCのアカウントがアクティベートされたのです!!
申し込みから5日後のことでした。
MOBILEパスワードの連絡がなかなか来ないので、skype電話したり何度もメールしたりした結果ついに諦めていた鉄道予約がこれでできるようになりました!

すぐに検索サイトcleartripで鉄道の予約状況を確認しました。
第1希望の列車はもう満席になっていましたが、昼間の便だけまだ空きがありました。
到着が朝の3時なので人気がないのです。
確かにできれば避けたい時間帯ですが、南インドをまたぐ昼間の風景が見たかったので予約することにしました。

それに、何と言っても安い!
2等席2名分で3,026ルピーです。

cleartripならば、日本で発行されたVISAカードでも決済できます。
決済手数料がさらにかかり、最終的に3,080ルピーになりました。
日本円だと4,770円くらいです。
約700キロもの道のりを運んでもらうわけですから、十分です。

こちらは、支払い後cleartripから来た確認メールです。
IRCTCからも同様のメールが届きました。

もう少しIRCTCの認証が遅かったら、代理店に手配してもらった保証無しの8,000円のバスに乗るところでした。下手したら10,000円もかかっていたかもしれません。
それが、5,000円未満で旅情タップリの鉄道の旅ができるようになったのです。
人に頼らず、自分でできたってのが何より嬉しいです。

いやー、よかったよかった。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP