インド旅2016秋〈6日目〉コチからマルガオまで650kmの鉄道旅&ハンピ行き深夜バスに間に合うか?!

 

到着日を入れると、インドに入国してはや1週間が過ぎました。
コチに続いて私たちが目指す場所は、石の惑星ハンピ(Hampi)バーダーミ(Badami)です。本日は終日、移動日となります。

早朝4時半、昨日コンファームした05:10のゴア行き列車に乗るため、コチのエルナクラム・ジャンクション駅にやって来ました。
辺りはまだ真っ暗です。

私たちが乗車するのは一番上の22655の便です。
コチより南部のトリバンドラムという都市から来る列車で、デリーのすぐ手前まで行く「超」長距離列車です。また、当駅の滞在時間は5分となっています。
とそこまでは分かるのですが、肝心のP.F(プラットフォーム)がブランクになっているので、到着する番線が不明でした。おそらく、到着前に判明するのでしょう。

念のためインフォメーションカウンターに尋ねたところ、2番線にやって来るとのこと。
分かってるんだったら、表示しといて下さいよ。

1番線から階段で線路をまたいで2番線へ。これでひとまずは安心です。
あとは到着を待つのみですから。

ところが、お目当ての列車がなかなかやって来ません。まあ大抵はインドの列車なんて遅れるものだから。。。なんて悠長に構えていた私ですが、出発時間を40分ほど経過した時点でだんだんと不安になって来ました。
で、さっきの掲示板を再度確認しに行って見ると、何とそこにはDEPARTEDの文字が!
えっ、これって「発車済み」ってこと?2番線という情報は間違いだったのか?

焦った私はもう一度インフォメーションカウンターに走りました。「絶対に俺は列車を見逃してなんかないぞ!」と。
聞けば、やはり列車は遅れているとのことでした。なんて不親切なんだ!
それだったら、「Delay」と表示しといて下さいよ。紛らわしい。
 
結局、列車が来たのは約1時間後のことでした。

しかし、やっと乗れると思ったら、今度は一等車両の場所が分かりません。誰に聞いても適当な答えしか返って来ず、停車時間の5分間をフルに走り回ってやっと発見(インドの列車は内部で繋がっていないのです)。
通常は障害者車両、1等、2等、、、と続くはずなのですが、よりによって中央部にありました。
端と端を重点的に探したので相当時間がかかってしまいました。
まさか朝から十数キロの荷物を背負って地獄のランニングをする羽目になるとは、想定外でした。

こちらが昨日エリアマネジメントの方々に手配していただいた一等車両(A/C付き)です。
見た感じ2等と変わりありません。
ちなみに、列車料金は2人で3,350ルピーでした。

こちらが座席部分です。こちらも2等とどこが違うのかイマイチ分かりませんでした。
料金が2等と同じ料金で済んだのは、2等に相当する席だったからなのかもしれません。

上段部分はこんな感じです。
やはりシートの色が青か茶色かの違いくらいで、2等との違いはありませんでした。

車窓からの風景は素晴らしかったです。
13時間近くかかる道のりでさえ、さほど苦になりませんでした。

動画も撮影したので、よろしかったらご覧下さい。
乗車から2時間くらいはイスラム系の家族と相席だったのですが、それ以降は一等席のボックスを自分たちだけで独り占め。優雅なひと時でした。

お昼は途中駅で購入したチキンビリヤニ弁当(70ルピー)サモサ(20ルピー)です。
なんか選ぶものが決まってきてしまいましたね。

ところで、実は今日はゴアへ向かうだけではなく、あわよくばハンピまで行ってしまいたいと思っています。
ゴアからハンピまでは直通の寝台バスが出ています。バス検索サイトRedbusによると、夜の8時のバスにまだ9席空きがありました。
しかし、現地の銀行口座を持っていなければクレジット決済ができないので、チケットを購入することはできません。私たち外国人にとっては検索専用サイトです。
それに、出発が1時間遅れたせいで、ゴアへ着くのも1時間押すとすれば、到着は7時半になってしまいます。乗れない可能性も十分にあります。
さらに言うと、ゴアの駅マルガオからバス会社パウロトラベルまでは、車で10分はかかる場所です。
とにかく、私たちは今、今日中にハンピに行けるかどうか非常に際どいラインに立たされているのでした。

ついにマルガオ駅(Madgaon)に着いたのは19:18でした。チケットが買えれば、8時のバスに乗れるかもしれません。急いで駅を出ました。
ゴアからハンピまではバスで10時間の距離です。今日逃すと明朝の電車に乗るしかなくなるので、できれば今日中にゴアを発ちたいというのが正直なところです。

駅を出るなりリキシャに飛び乗って(150ルピー)、パウロトラベルまで急ぎました。
頼む、間に合ってくれーっ!どうかチケットが売り切れていませんように。

着きました。時間的にはギリギリセーフです。果たして結末はいかに。。。

ダメでした。チケットが売り切れていました。残念ですが、どうしようもありません。
今夜はゴアに泊まって明朝ハンピへ発とうと思います。

棚ぼただったのはリキシャの運ちゃん。片道だけだったはずが、駅付近まで戻る運賃(150ルピー)とホテルの案内でチップ(20ルピー)までゲットしたんですからね(90分程度で320ルピーの荒稼ぎ)。
宿泊先の探索でホテルを3件ハシゴさせた上に、お釣りの用意で時間を食わせてしまったのだから仕方ないでしょう。
色々助けられたのでリキシャの運ちゃんには感謝しています。
それにしてもバスを逃したのは本当に悔しい!明日は絶対にハンピに行きます!

ハンピでお酒は手に入らないと聞いていたので、買いだめしておきました。
650mlのキングフィッシャー一本100ルピーで手に入りました。やったぜ!!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP