インド旅2016秋〈9日目〉ツーリングでアンジャナ・マーター寺院へ

 

そもそも何故ハンピ(Hampi)を訪れたかと言うと、人づてにその評判を聞いたからでした。
それでネットや本で写真を見た瞬間、「絶対行きたい!」と思うようになりました。

特に驚いたのが『地球の歩き方・南インド』(pp. 12-13)に載っているアンジャナ・マーター寺院からの眺めでした。
ハンピ滞在3日目。今日はこれと同じ景色を見に行ってきます!

こちらはトゥンガバドラー川です。
同寺院は、この川の北側にあるので、渡し船を利用します。

川沿いには露店が並んでいました。
日中はとても暑いハンピですが、実は朝は結構肌寒いのです。
ここのお店で、今や恒例となった朝チャイ(10ルピー)をいただきました。

ボート乗り場の間近でヴィルーバークシャ寺院の象が水浴びをしていました。毎朝この川で身体を清めてもらっているそうです。
飼育員?が掛け声をする度、長い鼻から川の水を吸い上げ、汚れを洗い流していました。

渡し船で対岸に渡った後(1人10ルピー)、朝食にしました。欧米人御用達のホテルのようで、客層のほとんどが白人でした。
私たちの席の隣の方々は、イギリス出身で日本への渡航歴があるそうで、「メッチャカワイイ」を連発されました。

こんなに充実した朝食はインドに来て初めてです(170ルピー)
日本と違って写真付きのメニューがあまりないので、当たり外れの覚悟が必要です。今回は大当たりでした。

本日の移動手段はバイクです。二人乗りが可能なレンタルバイクを借りました。すごいイカしてますね、マジで。
1日借りて300ルピーで、ガソリンはリッター90ルピーでした。ガス欠が怖いので多めに入れてもらいました。
インドではヘルメットを被らなくても良いので、風を感じながら走ることができます。

アンジャナ・マーター寺院の入り口までは約1.5キロほどなのですぐに到着します。
そこからは階段で山を登ります。全部で575段あります。身軽な格好で頂上まで行きたかったので、水をバイクに置いたままでしたがすぐに後悔しました。
炎天下の山登りで早くも喉がカラカラです。

頂上からの眺めは想像以上の絶景でした!この旅一番の目的を果たし、感無量です。
冒頭で紹介した『歩き方』の写真と同じ景色を発見しました。記念写真も忘れずに撮りました。

動画も撮影したので、よろしかったらどうぞ。
嘘みたいな風景です。

冷たい水を飲んで小休止した後、アネグンディという村へ向かいました。
川沿いで洗濯している村人たちと遭遇。かなり念入りに洗うんですね。何度も揉み込んでは石に叩きつけていました。

続いてやって来たのはドゥルガー寺院です。
ラクシュミー寺院と並ぶこの辺りの観光スポットなので、立ち寄りました。

巨大な岩がヒビ割れて風化した結果なのか、人間が器用に積み上げたのか?
いずれにしてもハンピの自然環境には驚かされるばかりです。

時間とガソリンが許す限りツーリングを続けました。走っては止まり、走っては止まりの繰り返しで、山ほど写真を撮りまくりました。
この岩岩の積み上がり方も不思議ですね。岩石が吹っ飛んだ結果なのでしょうか?火山が近くにあれば腑に落ちるのですが。。。

ちなみに、ハンピ周辺はのどかな田園地帯です。地平線の果てまで広大に続いていました。
本当に美しい、楽園のような風景でした。

川の渡し船は17:30までだったので、バイクを返して宿へ帰りました。
最終日のフェスティバルを見物せずに真っ直ぐ帰ったのには理由があります。宿の主人、ロッキーさんに鉄道チケットの手配を頼んでいたからです。
今回の旅の交通手段は全て自力で手配していたのですが、次の目的地バーダーミからゴアへ向かうルートは旅まかせにしていたのでした。

ロッキーさん曰く、バーダーミからゴアまでの直通バスはない。
なので、バーダーミからガダグ(Gadag)まで早朝のローカルバスで行き、ガダグからゴアまでは鉄道を使うルートをススメられました。

このアドバイスを聞いてから鉄道チケットの手配を進めたのですが、Creartripでは全席満席のキャンセル待ち状態。
困ってしまったので、ホテルの主人を頼ったというわけです。
少々緊張しながらロッキーさんの顔を窺うと、すでに満面の笑みでした。ドヤ顔で「ゲットしたぜ!」と言われました。
TATKALという特別枠で席を確保してくれました。料金は2人で3,088ルピーと宿側に別途手数料として300ルピー支払いました。
少々割高の枠なのですが、これで当日夜のデリー行き飛行機に乗れるようになりました。感謝です。

一安心したらお腹が空いてきたので、今夜もチルアウトで夕食。こちらはパニール・バター・マサラです。
ベジ・ヌードルコーヒー&チャイで締めて335ルピーでした。
で、今夜も宿で冷やしてもらったキングフィッシャーを飲み干せば、後はもう寝るだけです。

明日は移動とバーダーミ観光です。それではお休みなさい。。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP