インド旅2016秋〈10日目①〉ハンピからローカルバスを乗り継いでバーダーミを目指す

 

2週間にわたるインド旅行も確実に終わりにさしかかって参りました。
滞在を1日延長したハンピともここでお別れ。これから目指すはバーダーミ(Badami)です。所要時間はバスを乗り継いで7時間です。

バーダーミの滞在は1日だけなので、観光時間を少しでも稼ぐため7時前に宿をチェックアウト。
主人のロッキーさんと握手を交わしたら、さあ出発です。

まずはバスでホスペットまで戻ります。フェスティバルの影響でバススタンドの場所が変わっていましたが、間も無く場所は判明。
昨日は遅くまで遊んでいただろうに、みなさん朝はしっかり起きられるんですね。お酒を飲まないフェスティバルなので、二日酔いの心配はありません。

7時のバスで発つはずが、なかなかやって来ないので痺れを切らしてリキシャで出発しました。
ホスペット(Hospete)まで70ルピーでした。往路の半分以下の料金です。
途中、運ちゃんが知らん奴までどんどん乗せて行きます。

約20分くらいでホスペットのバススタンドに到着。
かなりデカい建物でした。

こちら、スタンド前のチャイ屋さんです。
今のところ、チャイはどこで飲んでも10ルピーです。

身体が温まったところで「さあバスでも探すかー」と思ったら、なんとちょうど目の前にイルカル行きの急行バスが!
乗り込むとすぐに出発。運が良かったです。
料金は1人112ルピー。車両内で車掌さんに支払いました。

約3時間後、イルカルのバススタンドに到着しました。
到着直前、「バーダーミ行きのバスはあれだぞ!」と何も話してなかったのに車掌さんが教えてくれました。
この辺りで見かける外国人といったら、バーダーミ観光と相場が決まっているのでしょう。
発車直前の所を制止して、バスに飛び乗りました。スピード乗り換え成功です。
イルカルからバーダーミまでは1人54ルピーでした。

こちらのバスはずっと満席でした。ひっきりなしに人が入れ替わります。いずれのバスも外国人は私たちだけです。
この辺りは物乞いも多く、またしつこいので困りました。

窓からの景色はこんな感じです。
事前情報よりもかなり早く進んでいます。この調子だと予定より1時間は早く到着しそうです。

結局、12:00前にはバーダーミ(Badami)に着きました。
ハンピからの所要時間はなんと5時間弱でした。

到着するなりスタンド前の花屋さんがしつこく手招きしてきます。
言われるがままに生花を頂くと、しっかり20ルピー請求されました。

まずはホテルにチェックイン。
歩いて15分くらいの場所に前日に予約したマユラ・チャールキヤを発見しました。
カルナータカ州の観光協会が経営しているとの情報があったので、ここにしました。
荷物を置いて、さっそく観光へ出ようと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP